高校1,2年生ならびにその保護者の皆様へ―AO・推薦入試対策はもう始まっている―(第2回)

高1~高2生へ

赤穂市、相生市、上郡町、日生町、備前市および東備・西播の現高校1,2年生の皆さま、ならびにその保護者の皆様、初めまして。【関関同立】AO・推薦入試小論文対策専門塾の光庵と申します。


推薦入試は決して楽な入試ではありません。したがって、一般入試と同様に相応の時間をかけて準備をすることが必要となります。AO・推薦入試は、高校1,2年生から対策できることもありますし、対策しておくべきことがあります。


この点について、プロのAO・推薦入試対策指導者である佐藤に本音も交えて、話してもらおうと思います。今回は全3回のうちの第2回目ということで、「AO・推薦入試を利用しようとする際の7つの問題点」のうちの3点を扱います。

AO・推薦入試を利用しようとする際の7つの問題点(⑤~⑦)

高校3年生になって、多くの受験生がAO・推薦入試を利用しようする際に発生する問題点は以下のようなものです。

⑤大学とは何をするところなのか、わかっていない

大学とは何をするところなのかわかっているでしょうか。大学は、教育研究機関であり、教育と研究を両輪として機能しています。そして、大学は、「まだわかっていないことの答えを見つける場」であり、格好よく言えば、どのような分野であれ、「新たな知の創発」を目的としています。要するに言いたいのは、大学では学生は教育を受けて、研究をする必要があるのです。だから、4年間の最後には卒業論文を提出する必要があるわけです。したがって、AO・推薦入試では、4年間の研究計画を提出させる課題を出す大学もあります。自分の目標に対して、どのような知が必要であり、そのためにどのような研究を行うのかを具体的に示す必要があります。こうした点を理解せずに、シラバスやカリキュラムを見て、大学に行って学びたいことだけを、目的を示すことなく志望理由書などにダラダラ書いても、無駄です。大学の役割をきちんと把握し、「新たな知の創発」のために、何を研究する必要があるのか、この点を明確にしなければ、AO・推薦入試で合格を勝ち取ることはできません。

https://www.yu-hikai.com/senryuu/4913.html

⑥文章を書く訓練をしていない

試験まであと2週間というところで、小論文対策を申し込んでくる受験生もいます(怒)。小論文を、作文かエッセイと勘違いしていませんか。ナメ過ぎです。緊急の場合には、潜龍舎の指導でどうにかしますけれども、どうか、もっと早く来てください。加えて、高校三年間で文章を書く訓練をまったくしていないという生徒さんもいます。訓練をしていなければ、皆さんの文章作成能力は、中学生のままです。もう一度言いますね。ともかく小論文対策を楽観視せず、できるだけはやく来てください。

また、字数が少ない小論文をすぐに書けると勘違いしている人もいます。字数が少ないほど、小論文は難しいのです。字数が少ないため、語彙力が問われ、余計な記述をしないためのテクニックが求められるからです。字数が少ないのは、採点者側の都合です。大量の受験生の答案を見るには、字数が少ない方がいいからです。字数が少ないから、簡単なのではありませんよ。

さらに、どこかで聞きかじってきた小論文の構成テクニックを、そのまま使おうとする人もいます。これも無駄です。起承転結、序破急、序論本論結論…そもそも、起承転結は、漢詩の絶句の規則ですし、序破急は、舞楽・能楽の構成形式、序論本論結論は、長い論文やレポートを書く際の約束です。

多様な出題様式や内容が課される小論文に対して、形式的にこれらがそのまま当てはまるわけではありません。こう書けば合格する!これを書いておけばOK!みたいなものはありませんからね。潜龍舎では、現役の研究者(修士号取得者以上)であり本物の論文を書いているスタッフが、対策すべき大学の小論文ごとに取りうる「スタイル」や、そもそも何を書くべきかという発想法を教えています。使い古された、もはやテクニックとも言えない骨董品のような知識を無理やり当てはめようとしても無駄です。あとは、論点を示さずにいきなり主張を書いてしまったり、賛成/反対でしか問題を考えられない人など、挙げたらキリがありません。余計かつ無駄な知識を身につける前に、【関関同立】AO・推薦入試小論文対策専門塾に来てください。



https://www.yu-hikai.com/senryuu/4913.html

⑦プレゼンテーションを行う訓練をしたことがない

研究者は文系理系を問わず、学会などで自分の研究について発表をする必要があります。こうした素養を見るために、プレゼンテーションを課題とする大学も増えています。

高校で何らかのテーマについてプレゼンテーションを行った経験があったり、その訓練をしている生徒も多くはありません。大半がAO・推薦入試で生まれて初めてプレゼンの準備や訓練を行うことになります。昨今はパワーポイントを用いた発表を求める大学もありますから、パワーポイントを操作する訓練もしておく必要があります。そのうえで、3分間のプレゼンを行うならば、1000字程度の発表原稿も用意する必要もあります。パワーポイント資料や発表原稿を作成したうえで、ようやく実際のプレゼンの練習に入ることができます。話すスピードや声の抑揚、目線をどこに向けるか、一番伝えたいポイントを伝える工夫など、実践練習を行います。こうした取り組みが必要なことを理解していない人がいることも問題です。プレゼンテーションの準備にも小論文や志望理由書などと同じように、時間がかかりますので、その点を踏まえて、AO・推薦入試の利用を考えてください。



https://www.yu-hikai.com/senryuu/4913.html

つづく。




ご相談はこちらから

電話番号


Q:通塾が難しいですが、受講は可能ですか?

当塾の各種対策講座は、オンラインで受講していただいております。弊塾の所在は兵庫県にございますが、指導担当の佐藤は、これまで、秋田、福島、三重、静岡、鹿児島、長崎、佐賀などの受験生の指導をオンラインで行い、合格に導いてまいりました。

Q:医療・看護系の小論文には対応していますか?

当然、対応しています。これまで、医療・看護の他にも、心理・教育・保育・経済・法学・哲学・神学・文学・教養・数学・都市工学など、様々な学部に対応して参りました。

Q; 面接やグループディスカッション、プレゼンテーションの対策指導はしてもらえますか?

A: はい、指導いたします。小論文と面接がセットになっている入試も多く、小論文と志望理由書・面接などの対策をトータルに行うことが可能です。また、事前に大学に提出しなければならないレポート等の対策指導も得意としております。さらに、大学の講義を受けて小論文を書く形式の試験についても、大学教員でもある代表の佐藤が、各種のテーマについて大学レヴェルの講義を行い、盤石な対策を行います。

Q: 帰国生入試や特殊な入試には対応していますか?

はい、対応しています。小論文を書く力をきちんと身につければ、入試の形態にはあまり左右されません。

※英語小論文の場合、すべての講師が対応できるものではないため、ご依頼を引き受けられるか否かは、個別にご相談ください。

Q: 社会人入試にも対応していますか?

はい、問題なく対応しています。大学受験の他、就職試験対策(エントリーシートや小論文・面接対策)も対応可能です。

Q:月に何コマくらい受講すればいいですか?

志望大学、受験までの時期、受講者様の学習ペースもありますので、個別に提案をしています。目安としては、高校1~2年生は月に2コマ、高校3年生が、毎週一回、月4コマとお考え頂ければと思います。ただし、受験期が近い等の場合は、緊急対策講座を実施しておりますので、この場合も個別に受講スケジュールをご提案させていただいております。

Q:自習室はありますか?

自習室の用意がございます。通塾可能な方であれば授業時間外にも教室にて学習を進めることができます。

Q:教室見学や相談に予約は必要ですか?

ご見学やご面談は、完全予約制となっています。必ず事前の予約をお願い致します。

Q:授業は何分授業ですか?

1コマ120分授業です。120分という長い指導時間は、与えられたテーマについて何を考えるか、どう考えるかという思考法を講師との本気の対話をとおして、磨き上げることに用いられます。

Q:欠席時に振替はできますか?

事前のご連絡をいただいた場合に限り、可能です。






東備・西播( 相生・上郡・備前・美作・和気・佐用 など)の皆様へ

【関関同立】AO・推薦入試小論文対策専門塾は赤穂市に塾がございますが、代表の光庵が地方でも、関西大学・関西学院大学・同志社大学・立命館大学など人気大学のAO・推薦入試小論文対策を、大都市と同じ環境で戦うことを目的にした塾です。


赤穂市の方はもちろんのこと、相生市、備前市、上郡町、日生町など東備・西播周辺の方に是非利用して頂きたいです。


6割程度の大学が定員割れしているなか、大学を志すならば、よりよい環境を目指すべきです。

タイトルとURLをコピーしました